[初代玄箱] Photorecでファイル復旧

玄箱に保存していたエクセルファイルを間違って消してしまい、
それを、Photorecを使って復元した時のメモですpencil

【環境】

・初代玄箱 KURO-BOX
・OS Debian 4.1.1-21

■インストール

etchのソースはもうほとんどリンク切れっぽいので、lennyのものを使用しています。

debian-box:~# cat /etc/apt/sources.list | grep lenny
deb http://ftp.jp.debian.org/debian  lenny main

そのままインストール。今回はapt-getな気分だったので。これで。
Photorecは、testdiskで一緒に入ります。

debian-box:~# apt-get install testdisk

debian-box:~# dpkg -l testdisk
Desired=Unknown/Install/Remove/Purge/Hold
| Status=Not/Installed/Config-files/Unpacked/Failed-config/Half-installed
|/ Err?=(none)/Hold/Reinst-required/X=both-problems (Status,Err: uppercase=bad)
||/ Name           Version        Description
+++-==============-==============-============================
ii  testdisk       6.9-1.1        Partition scanner and disk recovery tool


■実行

rootユーザーでphotorecを実行すればOK。

debian-box:~# photorec

1.起動して最初の画面。

DISKを選択。

2.partition table typeを選択。(今回はIntelのまま)

3.パーティション選択画面。

オプションの選択はここで。今回は[File Opt ]を選択

4.File Optの画面。

ここでリカバリーするファイルの拡張子を変更出来ます。

xlsファイルをさがす場合は、doc以外のXを外す。

5.ファイルシステム選択画面(パーティション選択画面から [ Search ]で進んだ次のページ)

そのままEXT3を選択

6.Scanタイプの選択画面

Freeは、locatedではない空き領域。Wholeは全体をスキャンします。
今回は削除済みファイルなのでFreeを選択。

7.リカバリーしたファイルの保存先設定画面

スキャンするDISKと別のパーティションを選択することをオススメします。
「Y」を押すとスキャンが始まります。

8.スキャン中の画面

結果が、カウントされていきます。

9.発見されたファイル達

recup_dir.数字のディレクトリーに保存されます。
ファイル名は復元されませんが、中身をみて判断が出来るかと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。