【HTC J】アンロック済みのHTC JにOTA(firmware.zip)を適用するメモ #ISW13HT

某スレで話題になっていましたが、OTAの適用でunlockが出来なく
なるのでは?という噂が流れていたので、実際に試してみました。

■前提環境

適用前環境:初期バージョン(1.20.970.2)で、
HTC Dev経由でunlock済みな端末。且つ、CWM適用済みな環境。

【参考】fnojiさんのblog「適当に更新diary」より
au ISW13HT HTC J 公式アンロックを非公式で行う root化まで
au ISW13HT HTC J ClockWorkModの最新verが公開!(基本動作は可能に)

適用後のバージョン:1.31.970.1

■適用メモ

・OTAを、ダウンロードしておく。
(OTA_VALENTE_WX_ICS_40_KDDI_JP_1.31.970.1-1.20.970.2_release_268209_signed・・・.zip)

・relock → unlockをすると工場出荷時に戻されるので、事前に/dataをバックアップ
(CWMからか、$ adb shell su -c tar cvf /sdcard2/data-bk.tar data/ などで)

・CWMからinstall zipでsystem分だけ先に更新しておく。
→おサイフが使えない問題が出たらこちらへ

・ダウンロードしたZIPファイルから firmware.zip を取り出して、
 PK07IMG.zip に名前を変更する。

PK07IMG.zip を、/sdcard2の下にpushする。
($ adb push PK07IMG.zip /sdcard2/)

あとは淡々と。

$ adb reboot-bootloader

fastbootの画面でrelock

$ fastboot oem lock

fastboot画面に戻るので、BOOTLOADERを選んでPowerボタン

SDカードに入れたzipファイルが正しければ、
上の画面になるので、<VOL UP> を押して適用開始。

再起動がかかって、こんな画面が。
適用完了するとPOWERボタンを押すように促されます。

その後、起動に問題がなければ、
$ fastboot flash unlocktoken Unlock_code.bin
で、再度アンロック。

無事に適用が完了しました。と。
recoveryが上書きされてるので、CWMは焼き直しが必要です。

■結論

えふのじさんのサイトに記載されてる通り、一度SuperCidへ変更しておけば、
OTAの適用を行なっても、再度unlockは可能(都度バックアップ/リストアが必要ですが)

----------------------------------------

★追記:rootが解除される件★ 修正 8/20

OTAの適用時に、update-scriptを編集せずに適用すると、
/system/xbin 内のパーミッションが755に強制変換されて、
root化が解除されます。

これについては、OTA適用後、CWMリカバリーで起動して、
adb shellで以下パーミッションを変更すれば治ると思います。

$ adb shell mount /system
$ adb shell chmod 6755 /system/xbin/su


【HTC J】アンロック済みのHTC JにOTA(firmware.zip)を適用するメモ #ISW13HT” への19件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。