HTC J CWM経由でのOTA適用でFeliCaが使えない問題について。

自分だけかもしれないですが、CWMからOTAを適用した所、
FeliCa関連のodexファイルが正常に適用されず、
おサイフ機能が使えなくなる現象がありました。

確認すると、/system 配下に適用に失敗したファイルがcopyされて
いる状態に。

この溢れたファイルを root explorer 等から/system/app に上書きし、
端末を再起動することで回避出来ました。

やり方としては、OTA適用後の/systemの状態を確認して、
下の写真と同じ状況になっていたら、/system を R/Wでマウントで、
書き込み出来るようにしてから、/system/app へ上書きコピー
端末を再起動して完了です。

image

自分はこのやり方で直りました。

もし同じ状態になった方がいましたら、試してみて下さい。
(そして直ったらコメント下さい。

【更新】ddコマンドで直せる模様です。

例)

# dd if=/system/XXX of=/system/app/XXX
※XXXは対象のファイル名

HTC J CWM経由でのOTA適用でFeliCaが使えない問題について。” への7件のフィードバック

  1. 上の方法以外に、dd で上書きする方法が使えるかもしれません。

  2. お世話になっています

    今は、Root Explorerでも/system/app/配下のファイルを上書きできない状態になっているのです
    何故か分からずに困りましたが、OTAのアップデーターを修正し、MobileFelica*だけを操作するようにしてCWMで適用してみました
    これが成功し、FeliCa関連のアプリをアンインストール/再インストールすれば、無事にFeliCaが使えるようになりました
    電子マネーの残高が表示された時は肩の力が抜けました

    こちらのサイトでの情報を知らなければ、これは直せなかったと思います
    サポートに感謝しています ありがとうございました

  3. /system 直下にodexファイルが残ってる状態ですか?
    /system/appにあるodexファイルは制限かかって直接編集はできません。

    なので、root explorer(他のだと駄目でした)で、/systemをRWモードにして、
    /system直下にあるMobileFelica*.odexを、/system/app配下にコピーする
    感じになります。

  4. ありがとうございます
    言葉足らずですみませんでした

    CWMリカバリー状態でのadb shellによる操作、Root Explorerでの操作、どちらに於いても
    /system/app/ 内の既存のファイルを操作すると Permission denied となってしまうのです
    (/systemのマウントは行い、/system/app/ にファイルを新規作成することはできます)

    仰るとおり、CWMはfix felicaメニューを持つ版ですが、
    これは、
    /data/data/jp.co.fsi.felicalock と /data/data/com.felicanetworks.mfc
    のディレクトリのuid/gidがrootの時に出るエラーを修正するもののようです

    恐れ入りますが、手がかりがあるようなら教えていただけたら助かります

  5. どう上手く行かないかわからないので、
    あれですが、root explorerから見て、
    deodexファイルが溢れてる状態なら、
    それをコピーして、appへの上書きで、
    自分は直りました。
    (当然、systemはRW可能な状態で

    あと使ってるCWMが某スレのfelica対応版なら、
    fix felicaを実行すれば直るかもしれないです

  6. お世話になります

    私もOTAアップデート後にFeliCaが使えなくなっていたため、復元を試みました
    (ここまでの経緯は前記事のコメントを参照)
    しかし、うまく行きません
    Root Explorerで操作した後も何も変わらなかったために、
    root権限のshellで対象ファイル(system/app/MobileFeliCa***.odex)を書換えようとしたのですが、
    これらのファイルを変更する権限が無いとなってしまいます

    恐れ入りますが、こちらもサポートしていただけると助かります

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。