ReadyNAS® DUO v2 初期設定

とりあえず、これはやっとけという事で。
DISK入れてNASとして使えるようになった後からのお話です。

1.SSH 有効化

これはやらなきゃ今回ReadyNASを選択した意味がない。ということで。

EnableRootSSH_1.0-arm.binをダウンロードしてAdd-Onとして追加。
http://www.readynas.com/download/addons/arm/5.3/EnableRootSSH_1.0-arm.bin

追加は、Web画面から出来ます。追加後、Wizardに従って再起動したら完了。
起動後SSHで、「root/自分で設定したadminのパスワード」でログイン出来ます。

2.Intelliparkの無効化

Western Digital 製のIntellipark が有効なDISKを使う場合は個人的に必須の設定。
IntelliparkがONのままだと、Load_Cycle_Count がえらい事になるので。

無効化するには、idle3-tools (idle3-tools_0.9.1-1_armel.deb) を、インストールして、
無駄なヘッド退避機能を無効化commandを実行します。

※Duo V2は、armなのでarmel.debをチョイス

【ダウンロード~インストール】
# wget http://ftp.nara.wide.ad.jp/debian/pool/main/i/idle3-tools/idle3-tools_0.9.1-1_armel.deb
# dpkg -i idle3-tools_0.9.1-1_armel.deb

【無効化】
# idle3ctl -d /dev/sda
Idle3 timer disabled
Please power cycle your drive off and on for the new setting to be taken
into account. A reboot will not be enough!

【設定状態確認】
# idle3ctl -g /dev/sda
Idle3 timer is disabled

⇒「 Idle3 timer is disabled」なら設定が反映されています。
Power Cycleしろと言われるので念の為、再起動しておきましょう。

【Load_Cycle_Countの確認】
# smartctl -a /dev/sda | grep Load
193 Load_Cycle_Count 0x0032 200 200 000 Old_age Always - 479

⇒この数字が極端に増えなくなれば設定が有効になってると思います。

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。