MuninでDD-WRTをSNMP監視するメモ

MuninでDD-WRTをSNMP監視するメモです

DD-WRTを入れたので、MuninでTrafficをグラフ化してみたいと思います。

■環境例前提

・DD-WRTのIPアドレス 192.168.1.1
・DD-WRTのSNMPは、バージョン1 コミュニティ名 public
・muninサーバーとmunin-nodeは、一つのサーバー上で動作。

■muninサーバーの設定

/etc/opt/munin/munin.conf に、munin-nodeを追加します。

SNMP機器の監視は、munin-node経由 での取得になります。
この為、addressは、SNMPを監視する munin-node のIPアドレスを
入れます。
(munin-nodeが同じサーバー上なら127.0.0.1

[192.168.1.1]
    address 127.0.0.1

■munin-node上での設定

(1) pluginの選定

DD-WRT上で事前にSNMPを有効にした後、munin-node-configure コマンドで、
使用可能なpluginをリスト表示させます。

# munin-node-configure --shell --snmp 192.168.1.1 --snmpversion 1 --snmpcommunity public
ln -s '/usr/share/munin/plugins/snmp__cpuload' '/etc/munin/plugins/snmp_192.168.1.1_cpuload'
ln -s '/usr/share/munin/plugins/snmp__df' '/etc/munin/plugins/snmp_192.168.1.1_df'
ln -s '/usr/share/munin/plugins/snmp__if_multi' '/etc/munin/plugins/snmp_192.168.1.1_if_multi'
ln -s '/usr/share/munin/plugins/snmp__load' '/etc/munin/plugins/snmp_192.168.250.1_load'
:
:

パイプでshを渡せば、全て自動でシンボリックリンクが貼られますが、
全部が全部必要とは思えないので、リスト表示してから必要なものを
貼れば良いと思います。

(2) /etc/munin/plugin-conf.d/munin-nodeの設定

追加したpluginの情報を設定します。

[snmp_192.168.1.1_*]
env.community public
env.version 1

(3) /etc/init.d/munin-node restartの実施

munin-nodeを再起動して完了です。

あとは、cronで自動的に情報が収集されていきます。

少ししてからmuninのWEB画面を見れば、192.168.1.1の
ホストが追加されていると思います。


MuninでDD-WRTをSNMP監視するメモ” への1件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。