XF90mmとXF56mmとXF35mmを比較してみた【ポートレート】

xf-001

今や富士フィルムのポートレートレンズとして確固たる地位を築いている XF56mm F1.2 R
景色から人物写真までオールマイティでまずは買っておきたい XF35mm F1.4 R

そしてついに登場したF2通しの中望遠レンズ XF90mmF2 R LM WR

それぞれのレンズを持って人物・ポートレート撮影をしてきましたのでレビュー致します。
実際に撮った感じのイメージの参考にしてもらえればと思います。
(写真はオリジナルサイズをJPEG撮って出しでFlickrにアップしました)

XF56mm F1.2 R

富士フィルムのポートレートレンズといえばコレ。F1.2の明るさとボケの綺麗さは、
誰が撮ってもクオリティの高いポートレート写真を生み出してくれる事でしょう。

XF56https://www.flickr.com/photos/21988591@N04/albums/72157663025606346

 

 

XF90mmF2 R LM WR

2015年7月発売開始のNEWレンズ。35mm換算135mm F2の中望遠レンズです。
抜けのある構図での立体感のあるポートレート写真を撮ることが出来るレンズです。

キヤノンの銘玉EF135mm F2L USMを凌ぐ写りだという声もチラホラと聞こえます。
#この画角に慣れてないので参考になる写真があまり撮れずでしたが・・・

XF90https://www.flickr.com/photos/21988591@N04/albums/72157663025606366

XF35mm F1.4 R

最後は、スナップから風景、人物写真までオールマイティにこなすXF35mmです。

35mm換算で53mmの標準レンズということで、各社力を入れてくる画角ですが、
富士フィルムも例に漏れず非常に描写力の高いレンズに仕上がっています。
(他社の撒餌レンズ同様にもう少し安いと良かったんですけどね。)

XF35
https://www.flickr.com/photos/21988591@N04/albums/72157663025606316

■総評・感想

(1) XF90mmについて

非常に描写力の高いレンズです。他社のフルサイズ用135mmレンズと比べても
遜色のなく使えると思います。ピント面はシャープで、ボケも綺麗です。

既にXF56mmを持っている(自分のような)人は、悩む(悩んでいる)と思います。
夜間などの撮影では、XF90は画角とF2.0の暗さは影響が大きくXF56mmで
問題なかった場面でも、壮大な手ブレ写真の量産になります。

この画角では、しっかり三脚を使った撮影をする必要が出てくると思います。

この画角が本当に必要なのか存分に悩んで、結論が出なそうな場合は、
富士フィルムのサービスステーション辺りのレンタルサービスの使用も検討を。

(2) XF56mmについて

XF90とXF56で迷ってる人には、135mmという画角にこだわりが無い限りは、
XF56mmを優先的にオススメ致します。

F1.2という明るさと富士のXシリーズの暗さへの強さは、相性バッチリで、
まさに鬼に金棒です。

またXF35を既に持ってる人、標準ズームの18-55mmを持ってる人にも、
「人物写真を撮る人」であれば、絶対後悔はしないと思います。
多少お値段が高いですが、強くオススメを致します。

■撮影協力■

撮影モデルは、マイさん(Twitter @87maimai78)です。
女優を目指して頑張っているので応援しましょう!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。