Galaxy S8+(SCV35/SC-03J)のroot化メモ

SCV35をSC-03J化したS8+のroot化メモです。
S8は、TWRPのバイナリが違うのでご注意を。

少し書き換えました:2017/11/05

※注意書き※
2017/11/8以降にリリースされたFirmwareでは今の所root化出来ない模様です。(TWRPのkernelリビルドが必要と思われます。)
→この場合はODINでSC03JOMU1AQH2に戻しましょう

保証はなくなります。
Warranty void 0x1になります。(Stock焼いても戻せません
Magisk manager動いていないです
→Magisk 14.3(β)と最新のManagerの組み合わせで正常動作します。

ゲームは動かなくなるものが多いです。
S Health動かなくなります。(Stock ROMに戻しても×)
おサイフケータイ死にます。
ワンセグ・フルセグは動いてます。
Network signal guru動きました!!

  1. twrp-3.1.1-1-dream2qlte.img.tarを手に入れる
  2. 「開発者サービス」 >「OEM Unlock」にチェックを入れる
  3. Downloadモードで起動
  4. ODINでTWRPを焼く(APに入れる)
  5. TWRPを起動して”Format DATA” を実行(yesを入力)
  6. TWRPより「Reboot」>「Recovery」にて再起動。
  7. no-verity-opt-encrypt-5.1.zipをInstall
  8. 再起動
  9. 初期セットアップ(少し起動に時間がかかる)
  10. TWRPで起動
  11. Magisk-v13.3.zipMagisk 14.3をInstall
    →DownloadはXDAから。

 

 

ファイル纏めておきました:PASSは0303。


Galaxy S8+(SCV35/SC-03J)のroot化メモ” への3件のフィードバック

    1. ドコモもauも使えます。

      記事に書いてるのはS8+の内容になるのと、使用してる
      firmwareのバージョンでTWRP動かなかったりするので、
      XDAを参照して試されるのをお勧めします。

      1. 今「版」の字が間違っているのに気付きました...笑
        了解いたしました。こちらのサイトとXDAを照らし合わせてトライしてみます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。