Google Pixel3 速報メモ

https://store.google.com/jp/product/pixel_3_specs

  • FDD-LTE: 対応バンド⁷ 1*/2*/3*/4*/5/7*/8/12/13/17/18/19/20/21/25/
    26/28/29/30/66
  • TD-LTE: 対応バンド* 38 / 40 / 41* / 42*

予想通りBand42も4x4MIMOで対応してきましたね。
そして残念ながら、なぜかBand11はありません。

  • シングルナノ SIM

あれ?SIMは1Slotの様子。

Essential Phone root tips

Essential phoneでの個人的なTips集です。
Stock ROMで十分なのであまりカスタムROMに変えてる人は
居ないと思いますが。

1.Custom romでDiag modeにする。

adb shellから「# setprop diag,serial_cdev,rmnet,adb」

※/vendor/etc/init/hw/init.mata.usb.rcの記載次第なので、
上手く動かない場合は、init.rcの内容見直しで。

2.Custom romで、UQ mobileを使う方法。

Magisk moduleのVoEnablerを使うのが手っ取り早いです。
そのままだとcdma用として認識してしまってモバイルが繋がらないです。
(build.propを書き換えても対処可能だと思います)

Essential Phone + Android Pをroot環境で使うメモ

AmazonのPremium Saleで安売りされていたEssential Phone(PH-1)。
公式で最速に近いスピードでAndroid P環境が体験出来る素晴らしい
端末であったりもします。

そして最新のAndroid Pでもroot取得まで出来ましたのでメモを残しておきます。
※bootloaderのunlock済みの方向けの情報です。

"Essential Phone + Android Pをroot環境で使うメモ" の続きを読む

Essential Phone(PH-1)使えるバンドの組み合わせについて(PH-1 CAcombination)

Essential Phone (PH-1)で使えるCAの組み合わせを調べたので、
スプレッドシート上で公開致します。

日本で使えるバンドは赤太文字にしています。
デフォルトでは、前回の記事でも書きましたがソフトバンクで
快適に使える組み合わせになっていますね。

最近のSIMフリー機器でもBand42とBand11対応の機種は少ないので、
まだまだ現役として使えると思います。今なら日本のamazon買えますよ!

LINEモバイルのSB回線契約の人にもお勧めです。

Raspberry Pi 3につけたLCDを回転させるのに苦労した話

Raspberry Pi 3には、LCDを付けてもGPIOが使えると評判の
「Quimat 3.5インチタッチスクリーン HDMIモニタ」使用しています。

画面を回転させる(/boot/config.txtにdisplay_rotate=1とか記載して)と、
タッチパネルのX/Yが上手く回転してくれずに、画面操作が急に
難易度が上がる問題がありました。

Webで調べると色々対処策が出てくるのですが、自分の機種にマッチせず。

調べに調べまくった結果、99-callibration.conf に TransformationMatrix の
オプションを設定する事で、ちゃんとタッチパネルごと回転出来るように
なりました。

この設定はコマンドでも確認が出来るので、同じ問題に苦しんでいる人は、
以下コマンドで直るか試して見て下さい。

$ export DISPLAY=:0.0

#90度回転している場合
$ xinput set-prop 'ADS7846 Touchscreen' 'Coordinate Transformation Matrix' 0 1 0 -1 0 1 0 0 1

#180度回転している場合
$ xinput set-prop 'ADS7846 Touchscreen' 'Coordinate Transformation Matrix' -1 0 1 0 -1 1 0 0 1

#270度回転している場合
$ xinput set-prop 'ADS7846 Touchscreen' 'Coordinate Transformation Matrix' 0 -1 1 1 0 0 0 0 1 

これで直る人は、「/etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf」に、
以下オプションとして追記すれば再起動しても、最初から動くようになります。

Option "TransformationMatrix" "0 -1 1 1 0 0 0 0 1"

ついでにLCD-showも改造してみましたので、良かったらご利用ください。
https://github.com/caplio/LCD-show

$ git clone https://github.com/caplio/LCD-show.git
$ cd LCD-show
$ chmod +x MPI3508_480_320-show
$ ./MPI3508_480_320-show
#自動的に再起動されます。ドライバーとかも勝手に入ります。

#90度回転させたい場合
$ ./MPI3508_480_320-show 90

不明点とか何かあればコメント下さい。